MENU

女性におススメの自己処理脱毛!剛毛のデリケートゾーンでも諦めないで!

デリケートゾーンの自己処理にはどんな方法があるのかまとめています。
特に剛毛の女性でも安心して処理できるおススメの処理なのでこういった方も参考にしてみてください。

 

 

カミソリを使用する

厳密に言えば剃毛ですがセルフ処理として一番オーソドックスな方法です。
入浴ついでに剃れるので手間が少ないのがメリットですが、切れ味が悪いものを使用すると肌を痛めてしまったりするので、そこだけは注意が必要です。

 

 

脱毛器で自己処理する

脱毛器で処理することで毛穴の奥からするっと抜くことが出来ます。

 

値段は高いですがその分の効果はあるのですが、機種によっては処理したその日は綺麗に見えても。後日埋没毛だらけになったりするのもあるので機種選びが重要になってきます。

 

 

脱毛クリームを使用する

一番おススメなのが脱毛クリームを使用しての自己処理です。

 

値段も手頃なのからありますし、剛毛の人でも脱毛器などのように痛みも少ないのが特徴です。
ただし、デリケートゾーン部分は専用のものを選ぶ必要があります。

 

脱毛後のデメリット

脱毛後にはデメリットがあるのをご存じでしょうか?
今回カミソリでの剃毛、脱毛器、脱毛クリームの使用などをおススメしてきましたが、脱毛後に必要なケアをしなければ、その部分が黒ずみの原因となってしまいます。

 

 

なぜ黒ずみになるの?

脱毛後黒ずみになってしまう理由は肌へのダメージによるものです。
肌はダメージを受けることで守りの合図が作動し、肌を守る為に大量のメラニンが発生します。

 

毛抜きなどで抜いたことがある方は分かり易いのですが、脱毛した部分が化膿したり、炎症を起こしたりして一時的な黒ずみになることがあります。

 

顔や腕、ワキなどはそれでも皮膚が厚いのでターンオーバーによってメラニンがうまく排出されて黒ずみが残ることは少ないです。

 

しかし、まぶたよりも皮膚が薄いデリケートゾーンとなると話は別で、こういった刺激を受けるとメラニンがそのまま蓄積されていき、そのまま黒ずみとして残ってしまうのです。脱毛後、敏感になっているお肌ですので、日々下着などとの摩擦で刺激を受けているデリケートゾーンはなおさらです。

 

ですので、こうした黒ずみを防ぐ為にも自己処理で脱毛した場合は適切なケアをする必要があります。

脱毛後の黒ずみケアに効果がある美肌クリーム

脱毛後の黒ずみケアには美肌クリームがおススメです。

 

美肌クリームは刺激を受けて排出されたメラニンを分解する働きがあるので、脱毛した部分でも黒ずみになりにくくなります。
また、黒ずんできたデリケートゾーンでもターンオーバーを促進させることにより、正常に肌が生まれ変わっていくので、徐々に薄くなる作用も持ち合わせています。

 

こういったこともあり脱毛後の黒ずみケアには非常な優秀な存在だと言えます。

 

このページの先頭へ
インフレーション